そぞれの書体の印影

書体イメージ

会社設立の為に必要な3種類の印鑑「会社実印」「会社銀行印」「会社角印」ですが、どういった書体が多く使用されているのでしょうか。
基本的には、会社設立で使用する印鑑は、こういった書体でなければいけないという規定はないようです。
しかし、重要書類に押す印鑑は、やはりきちんとした書体のものが良いですね。
そこで、人気のある書体を調べてみました。

まず、法人の多くで一般的に多く使用されているのが、篆書体(てんしょたい)ですね。
篆書体は、風格がある書体で重厚に作られていますから、法人だけではなく、個人の実印としてもよく使用される書体です。
書体の中でも人気が最も高いのが、「印相体(いんそうたい)」ですね。
印相体は、先ほどの篆書体(てんしょたい)を基礎に、変化させたものになります。
篆書体と比べると、印影がとても柔らかいのが印象的です。

印相体は、用途を選ばないので、一般的によく使用される書体と言えます。
この印相体は、同じものを作るのが難しく、偽造されにくいと言われているようです。
また「古印体(こいんたい)」というものもありますが、隷書に丸みを加えた、とても柔らかい書体です。
大和古印のころから、伝統を受け継いだ書体と言われており、用途を選ばず広く使用出来ます。

古印体は、線が途切れているのが特徴的で、強弱ある書体で、とても読みやすい書体です。
このように3つの書体が一般的に人気があるようですね。
その他には、行書体や草書体などもありますが、法人印として使用されることは少ないようです。

ページの先頭へ