本人であることの証明

印鑑の登録制度イメージ

何故、契約書などを交わす場合、捺印(押印)をしなければいけないのでしょう。
海外では、サイン一つで済むことが多いのに対し、日本では、契約書類ごとに違う印鑑が必要になったり、色々と面倒なことが多いですよね。
そもそも、印鑑というのは、その人本人だというものを証明する為のものなのです。
いわば、重要な契約書などに押す印鑑は、「この印鑑は私だという証明です」といったとこですね。

これが、もし海外だったらどうでしょう。
手書きのサイン一つで契約が成り立ってしまうのは、とても簡単ですが、何か問題が起こった場合、このサインは本当に本人のものなのか、筆跡確認をしなければいけません。
他人が筆跡をなぞって勝手に契約書にサインされてしまっては、多額の損害を被ることもあるのです。

しかし、日本では、印鑑の登録制度を設けていますから、登録した印影と照合をすることで、間違いなく本人であることの証明をすることが出来るんですね。
代理人が勝手に契約書に印鑑を押しても、本人であるという事が証明できないのであれば、契約は成立しないのです。
色々な書類や押す印鑑も多く、とても面倒に感じる場合もありますが、他人が勝手に不正に印鑑を作って本人に成りすますことが出来ないようにしてあるんですね。

もし、何か問題が起きて裁判となった場合でも、登録されている印鑑によって、本人であるという事の「立証」になります。
このように、日本には日本人を守るための素晴らしい文化「印鑑制度」があるんですよ。

ページの先頭へ